画像
タイトル画像タイトル画像


池袋ミュージカル学院は、本年4月に開校25周年を迎えます。
多くの方々にご協力頂き、今日があることに大変感謝しております。

1期生より生徒達の希望を取り入れながら、スケジュールや授業の構成・受講料・公演など、学院のシステムを作ってまいりました。

また、1期生より現在に至るまで必ず行っておりますのが、入学前の約20分の個人面接です。
その理由は、どのような状況で入学を希望しているのか、年齢や経験・希望する進路など状況の把握と、一人一人に合ったクラスの判断と、そして今の声を聞く事が重要であり、どうすればより明るく楽しくチャレンジ出来るか、一生懸命話しております。
なぜなら、ミュージカルの勉強は、技術の向上だけではなく人間性が何よりも大切だと思っているからです。
ミュージカルという道を通して教育できるスクール、それが私の信念です。また、その方針は私だけではなく、担当の先生方にもしっかり伝わっております。
卒業後様々な舞台に出演する時、また舞台の仕事に就かなかったとしても自分の進む道の中で、当学院で学んだ経験がきっと役に立つと信じています。

当スクールを学校法人にしない理由にも、そこにございます。

学校法人は一定の基準を満たすために、むやみに休みが多く必要のないカリキュラムを作らなくてはいけない。そこを含めて授業料に入ってしまいます。
それなのに、舞台を目指す上で養成所が学校法人であるから有利になる事は、全くと言っていい程ございません。

そして、地方ご在住の方には、7年前に新築した池ミューハイツ(寮)を用意しております。
お子様が東京でミュージカルの勉強をするにあたって、保護者の方には一人暮らしの不安や経済的な問題など、何かと心配事があると存じます。安心して学んで頂くために作り、2年前には何ヶ所かに分かれていたのを、新築して1ヶ所の寮にまとめました。
寮の管理は私の妻が担当し、月1回は5〜6人で共有部分の掃除などチェックを行っております。
共同生活するには規則もあり大変ですが、寮生は同じ目標を持つたくさんの仲間と生活することを楽しんでくれています。

このような考えを持って、作っている学院です。
もしお時間があれば、一度どのようなスクールかお気軽にご覧頂ければ幸いに存じます。心よりお待ちしております。

池袋ミュージカル学院
代表 大久保 良太

Copyright © IKEBUKURO SCHOOL OF MUSICAL all rights reserved.